Seventh Wonder / The Great Escape 感想 宅急便

2010年発売ですね。たしか発売後にすぐ購入した気がします。

1.Wiseman

2.Alley Cat

3.The Angelmaker

4.King Of Whitewater

5.Long Way Home

6.Move On Through

7.The Great Escape

前回のアルバム同様にドラマチックで

 

www.youtube.com

7曲目の歌詞をみてみますと

[I. ...And the Earth Wept]
I tuck you in ever so gently
Still you cried and turned from me
You stepped on my heart
I forgave you just like mothers do
From under your shoes I still carried you
Soon my body will burn into ashes and dust
And rain will turn all that glitter to rust
One last pill for the pain
Sit down, let me explain...
Why my bruises stay

My child I know you never meant to...
These scars just won't fade away
And I'm sure you never knew
I give up, I give in
Help December let a new year begin
Take what's left and move on
Fly away
Be gone...

[II. A Poisoned Land]

[III. Leaving Home]
The morrow winds blow and herald a time
When man will be damned for all his crime
We all were too bold, now we all can see
How the lifegiver's bleeding to death before me
I am packing my bags, I'm waiting in line
This tragedy forces us away from this land
As I board this creature of steel
I kiss her goodbye, give her time to heal

[IV. Take-off]
Loud sirens wail to send a
Goldonder towards the light
Leaving the ground we bathe in starlight
While heading for oceans of night
Safe in Aniara's warm and tender care we ride
Eight thousand hearts that fled the fires
For a life at a distant home

[V. A Turn For The Worst]
A swerve to clear the Hondo stone
(Now we proclaim it known)
Took us off course came too wide of Mars to turn back home
There's no turning back, guiding units broke and cracked
We will never win this game
From pledges and bonds, our system of suns
Locked down in the vaulted gateways
I thousands of years ram through the final frontier
The Lyre greets us there
Our ship at drift into the void
Through nothingness deployed
With an empty star become aware
Our lives destroyed

Fears are hard to hide, praying as denial subsides
We can never win this game
From pledges and bonds, our system of suns
Locked down in the vaulted gateways
I thousands of years ram through the final frontier
A moth to a flame

[VI. A New Balance]
Glass-like is the stare encircling us
The system of stars hang frozen still
...a gaze through the window
Six years down we still feign dawn and sunset
But space no light will spawn
...eternally darker
Now setting sails
But never know the worlds she's trading
Where the life belongs
Mima lead the way;

Shine your light, be a beacon of hope at night
Be our guide, I need what you're doing to me
Shine your light, blind us when reality bites
We so need the magic she does
I asked me a question, no reply
I dream me a life then lived a lie
...dream me a nightmare
I traveled the stars but passed them by
For trapped on Aniara, here was I
...always been leaving
We sit and stare

At all the marvels that she brings us
Lights the life in you
Mima lead the way;
Shine your light, be a beacon of hope at night
Perfect grace in the barren house of space
Shine your light, blind us when reality bites
Mima, save us from seeing ourselves

[VII. Death Of The Goddesses]
Inside the Mima's eyes, we lived our lives
Then like an arrow through this jest
Destiny sent us a greeting from home, let us see;
We have no home anymore
While Mima showed the final war
Her circuits bled and fried, as our mother died
She's darkened by our sins
We begin to realize it
When I saw home so blue, be torn in two
All by the hands of her own child
Humanity; the festering cancer that
Dug her own grave

We have no home anymore
While Mima showed the final war
Her circuits bled and fried, seems she too will die
She couldn't bear to see what will be
Our haven's dying
I couldn't them if I tried
As they all rushed to see her die
Chaos, panic, people fight
I can't see, I will not, I won't
Our way of life is overthrown
Is there really no way? Let us turn back time!

[VIII. The Age Of Confusion: Despair]
In this deafening of silence people mourn
We've cried us a river
Who knows where all laughter be?
On whom we place the blame?
Her demise was theirs!
Stained by their disease her screen recedes
Our real eyes realized
They beguile us all with their minds

[IX. The Age Of Confusion: Lust]
Our lusting flesh and piety
All coexist in the mist
Put aside your chastity
Unveiling skin, magical sin
Controls the pile of heaving flesh
A twisted queen;
"Sleep with me and work the loins
The mind will stray, yield of life"

[X. The Age Of Confusion: Reason]
And as the orgies all fade
And lust no longer attracts
Then the brain will subdue the flesh
Put the focus on facts
Human brain with a shameful part
Low names were high for loins and for breasts
Us Hades may harvest
Fully at it's behest

[XI. The Aftermath]
I still cry and I still miss her
I was just a little boy
Running through the endless garden of our home
Away some say never, ever
We'll leave this god forsaken place
And ten thousand shivers
Remain as we part
We're holding on, within our cradle of confusion
We paint no rainbows in the dark
No one will ever see us fade away
Oh for so long, I was the wielder of illusions
Our goddess gave in when she saw
That we had killed the earth and burnt to flames

Every smile on every face here
Fell and crashed to the floor
All alone in the world crying desperately
Away some say never, ever
We'll leave this god forsaken place
And ten thousand shivers
Remain as we part
We're holding on, within our cradle of confusion
We paint no rainbows in the dark
No one will ever see us fade away
Oh for so long, I was the wielder of illusions
But there's no hiding what we are

We are the plague of all
For humanity there is no cure
God and Satan hand in hand
Through the badland
Took a flight uphill and down for man
A king with ashen crown

[XII. Dining On Ashes]
What we reaping is what we sow
Naked our truth smugly glows
We leave all games behind, because;
It took twenty years to come and go
Then only did we all know
And see how wrinkled and jaded we have grown
Looking out the window
But there's nothing new
Only darkness stares at you
I would die to see the rain below the rainbow
Just like others do
We crown the skies with our tiara;

The life and fate of Aniara
We write an endless symphony
Now thousands were weeping
And hundreds cried in dismay;
Twenty years today!
Repenting sinners pray
Easy come and easy go
We could have had it all you know
Man's final day is here
Search for silver dig for gold
His desires not untold
Looking our the window

All that he can see;
His own reflection's final plea;
"I would die to see the rain below the rainbow just like others do"
We crown the skies with our tiara;
The life and fate of Aniara
We write an endless symphony
Now thousands were weeping
And hundreds cried in dismay;
Twenty years today!
Repenting sinners will wither and fade

[XIII. The Curtain Falls]
Gladness fleeting, by whims and luck
That is the way of life
Looking, searching our hearts
To find the "why" of it all
Finding no way to our home
See, in silence we faded. Our great escape;
Twenty four years inside
Looking, searching our ship
For life but just dust
Falls on the graves of all
The halls of our ship now are
Void of all but death
Our lives have passed

Our hearts were broken by the endless dark
Our new paradise
The one to replace the one we burned so bad
The god we hoped for left profaned
All wounded and forlorn on the home we scarred
Now here I stand, my dear
One heart still beats...
I bid you farewell
The curtain will now descend
Somewhere in time we were living
Remember us then!

日本語訳をみますと

[そして大地は泣いた]
私はあなたを優しく抱きしめた
それでもあなたは泣き、私から背を向けた
あなたは私の心を踏みにじった
私は母親がするようにあなたを許した
あなたの靴の下から、私はまだあなたを運んでいた
もうすぐ私の体は灰と塵になる
雨はすべての輝きを錆に変える
痛みには最後の薬を
座って 説明させて
なぜ痣が残るのか

わが子よ......あなたが決してそんなつもりで......
この傷跡は消えない
きっとあなたは知らなかった
あきらめる、降参する
12月、新しい年が始まる
残されたものを手に、前へ進む
飛んでいけ
逝ってしまえ...

[II.毒の国]

[III.家を出る]
明日の風が吹いて、その時を告げる。
人間がそのすべての罪のために呪われる時を。
私たちは皆、大胆すぎた。
命の恩人が目の前で血を流して死んでいくのを
私は荷物をまとめ、列に並んで待っている。
この悲劇は私たちをこの土地から遠ざける
この鋼鉄の生き物に乗り込むとき
私は彼女に別れのキスをする。

[IV.テイクオフ]
大きなサイレンが鳴り響き
光に向かうゴールドンダー
地上を離れ、星の光を浴びながら
夜の海を目指す
アニアラの温かく優しい見守りの中、私たちは安全に走り出す。
戦火を逃れた8千の心
遠い故郷での生活のために

[V.最悪の展開】。]
本渡石を避けるためにハンドルを切る
(今、我々はそれを公表する)
コースから外れ、火星から大きく外れてしまった。
もう後戻りはできない。
このゲームには決して勝てない
誓約と絆、太陽系から
閉ざされたゲートウェイ
何千年もの間、最後の未開拓地を突っ走る
竪琴がそこで迎えてくれる
私たちの船は虚空に漂う
何もない空間へ
空っぽの星に気づき
私たちの人生は破壊された

恐怖は隠し難く、否定が収まるように祈る
このゲームに勝つことはできない
誓約と絆、太陽のシステムから
閉ざされたゲートウェイ
何千年もの間、最後の未開拓地を突っ走る
炎の蛾

[新しいバランス]
ガラスのような視線が私たちを包む
星系は凍りついたように静止している
窓越しの視線
6年後、私たちはまだ夜明けと日没を装っている。
しかし宇宙には光は生まれない
...永遠に暗い
今、帆を張る
しかし、彼女が取引している世界を知ることはない
人生の居場所
美馬が先導する

光を放て、夜の希望の光となれ
私たちの道しるべとなってください。
輝いてくれ、現実を見透かすように
彼女の魔法が必要だ
質問しても返事はない
"嘘の人生を夢見た
悪夢を見た
星を旅したが、通り過ぎてしまった
アニアラに囚われた私はここにいた
...いつも去っていく
座って見つめる

彼女がもたらしてくれるすべての驚きに
あなたの中に命を灯す
美馬は道を導く;
光を放ち、夜の希望の光となれ。
宇宙という不毛の家での完璧な恵み
美馬よ、光を放て。
美馬よ、私たちを自分自身から救って

[VII.女神たちの死]
美馬の瞳の中で、私たちは生きていた。
そして、この冗談を射抜く矢のように
運命が故郷からの挨拶を送ってきた;
もう故郷はない。
美馬が最終戦争を見せる間
私たちの母が死んだように、彼女の回路は血を流し、揚げられた。
彼女は私たちの罪によって暗くなった
私たちはそれを理解し始める
故郷が真っ青に引き裂かれるのを見たとき
すべて自分の子供の手によって
人間性という膿んだ癌が
墓穴を掘った

私たちにはもう家がない
美馬が最後の戦いを見せている間
彼女の回路は血を流し、焼け焦げた。
彼女は何が起こるか見るに耐えられなかった
私たちの避難所が死んでいく
"私にも出来なかった
皆が彼女の死を見ようと殺到した
カオス、パニック、人々の戦い
私は見ることができない、私はしない、私はしない
私たちの生活様式が崩される
本当に道はないのか?時間を巻き戻そう

[混迷の時代:絶望〕。]
この耳をつんざくような静寂の中で、人々は嘆き悲しむ
私たちは川を泣かせた
すべての笑いがどこにあるのか、誰が知っている?
誰のせいだと言うのか?
彼女の死は彼らのものだ!
彼らの病気によって汚された彼女の画面は後退する
私たちの本当の目は悟った
彼らは心で我々を惑わす

[IX.混迷の時代:欲望〕。]
肉欲と信心が
霧の中に共存する
貞節を捨てよ
肌をさらけ出し、魔性の罪
盛り上がる肉の山を支配する
歪んだ女王
「私と眠り、股間を鍛えなさい。
心は迷い、命を捨てる。

[X.混迷の時代:理由]
乱痴気騒ぎがすべて消え去り
欲望はもはや惹きつけられず
脳が肉体を支配し
事実に焦点を合わせる
人間の脳には恥ずべき部分がある
股間と乳房のために低い名前は高かった
私たち黄泉の国は
その意のままに

[XI.余波]
今でも涙が止まらない
私はまだ子供だった
どこまでも続く家の庭を駆けていた
ある人は言う、決して、決して
この神に見捨てられた場所を離れよう
一万回の戦慄
別れのときにも
混迷の揺りかごにしがみつく
暗闇に虹は描けない
誰も私たちが消えていくのを見ることはない
長い間、私は幻想の使い手だった
私たちの女神は、私たちが大地を殺し
私たちが大地を殺し、炎に焼かれたことを

すべての笑顔がここにある
倒れて床に崩れ落ちた
世界でたった一人、必死に泣いている
ある者は、決して、決してと言う
この神に見捨てられた場所を去ろう
そして1万回の戦慄
別れのときにも
混乱の揺りかごにしがみついている
暗闇に虹は描けない
誰も私たちが消えていくのを見ることはない
長い間、私は幻想の使い手だった
でも私たちの正体は隠せない

われわれはすべての疫病神である
人類に治療法はない
神とサタンが手を取り合って
バッドランドを抜け
人間のために上り坂と下り坂を飛んだ
灰の冠をかぶった王

[XII.灰の上の食事]
刈り取ったものは蒔いたもの
赤裸々な真実が、独り善がりな輝きを放つ。
私たちはすべてのゲームを置き去りにする;
20年かかって、来て、去った
そのとき初めて、われわれは知った。
皺くちゃになり、色あせた私たちの成長を
窓の外を眺めながら
新しいものは何もない
闇だけがあなたを見つめている
虹の下の雨を見るためなら死んでもいい
他の人と同じように
私たちはティアラで空を戴く

アニアラの人生と運命
私たちは終わりのない交響曲を書く
数千人が泣き
何百もの人々が落胆の涙を流した
今日で20年!
悔い改めた罪人は祈る
簡単に来て、簡単に行く
すべてを手に入れることができた
人間の最後の日が来た
銀を探し、金を掘り
欲望は尽きない
窓の外を眺めながら

彼に見えるものすべて;
自分の姿を映した彼の最後の訴え;
「虹の下の雨を見るためなら死んでもいい。
私たちはティアラを空に戴く;
アニアラの人生と運命
終わりのないシンフォニーを奏でる
何千もの人々が泣き
何百もの人々が呆然と泣いた
今日で20年!
悔い改める罪人は枯れ、衰えるだろう

[13.幕が下りる]
喜びはつかの間、気まぐれと運に左右される
それが人生の道
心の中を探し求め
すべての "理由 "を見つけるために
故郷への道は見つからず
静寂の中で、私たちは消えていった。大いなる逃避行;
24年間
船を探し求め
人生は塵にすぎない
すべての墓の上に落ちる
私たちの船のホールは今
死以外は何もない
私たちの人生は過ぎ去った

果てしない暗闇に心砕かれ
私たちの新しい楽園
私たちがひどく燃やしたものに代わるもの
私たちが望んだ神は汚されたまま
傷つき、寂しくなった故郷で
今、私はここに立っている
心臓はまだ鼓動している
君に別れを告げる
幕が下りる
どこかで私たちは生きていた
私たちのことを思い出して

となります。

一つの小説みたいな長さがありますね。この曲で大事なところは0:10あたりから宅急便と聞こえるところですね。もしかするとこの歌詞の物語のように、荷物を運んでいく=受け継いでいく、という意味が込められているのかもしれません。しかし題名はThe Great Escape大脱走、となっているので何かから逃げ出したいのか、はたまた発想の転換を指しているのか、文量も多すぎて解読不能でした。

みなさんは宅急便にはお世話になっていますでしょうか?

体調は回復しましたが・・・

ここ最近病気も治り気味で、我々夫婦の体調は回復してきました。しかし3日前の金曜日に子どもが発熱し、一番高いときで40.4℃という数値が体温計に表示されてしまいました。当の本人ですが、他に咳や鼻づまりといった症状はなく、いつもより元気はないですがぐずったりもしませんでした。土曜日に病院へ連れて行き検査をした結果、最近流行りのウイルスではなかったので、とりあえず安静にして座薬を入れて熱を抑えるような対応をしました。夜もほとんど泣かずに寝てくれたので、昨日からは熱も下がって元気に遊んでおりました。今日は保育園無事に保育園へ行くことができ、我々夫婦も仕事ができている状況です。

保育園へ行きだして子ども経由で病気をもらうことが多くなったと感じるので、我々も体調管理には注意しています。私も調子が戻ってきたので、以前続けていた筋トレを再開して、ぽっこりお腹をへこませたいと思います。

昨日6月16日は父の日でしたね。私は現在特に欲しい物はないので自分のために買い物はしなかったのですが、妻が少しお高いお肉を買ってきてくれました。焼いて食べましたが国産のお肉だったからか、しばらくたってもやわらかくて、味もよかったです。普段仕事や子育てに取り組んでいるからおいしく感じられたとも思うので、今後も元気よく生活していきたいと思います。

Satyr / Locus 感想 あべしんぞう

2020年発売なんですね。たしか2022年に知って、それからよく聴いていました。Bandcampで購入したいなと思っているのですが、買わずにずるずるきています。今度の第一金曜日にはいよいよ購入しようと思います。

1.Apogee

2.Perigee

3.Aesop

4.Bird

5.Not To Scale

6.Mushroom

7.Pathing

8.Levitator

9.Picayune

10.Null

全体的に明るい音ですが、とげとげしさと素早さがあるのでなかなかの爽快感があります。それでいて複雑さもあるので、聴いていてすぐに飽きるということはありません。

www.youtube.com

1曲目の歌詞をみてみますと

Cycles
We have nothing to report
After our quest for resilience regarding how we end
Embrace your demise
Lives so determined to change what we can’t alter
Fate will catch up with us
We are born into this curse
Embrace your demise
We have no answer
(Futile attempts amending what makes us mortal)

日本語訳をみますと

サイクル
報告することは何もない
私たちの終わり方に関する回復力の探求を終えて
終焉を受け入れる
変えられないものを変えようと決意する人生
運命は私たちに追いつく
私たちはこの呪いの中に生まれた
破滅を受け入れる
答えはない
(私たちを死に至らしめたものを変えようとしても無駄だ)

私たちの運命はとても不機嫌に思えた
すべての明るい遠い魂の名において沈黙する
どうすれば終焉を受け入れることができるのだろう
我々は時間を無駄にしている
この世界の理解
超越の希望
挫折する
私たちの運命はとても不運に思える
私たちが求める遺産
私たちの運命はとても不運に思えた
遺産

となります。

この曲の大事なところは1:38から「あべしんぞう」と聴こえる部分ですね。それを踏まえてこの歌詞をみると、完全に某教会に対しての歌というか、宗教2世の苦悩を描いているように見えてしまいますね。もしかするとこのバンドのメンバーもそのような問題を抱えていたのか、その問題に取り組むうちの一人なのかもしれません。

今後ともこのような社会的な課題に目を向け、何ができるのかを考えていけるようなブログにしていきたいと思っております。

私としましても社会課題の発見や自分と他者との考えの比較等、自分なりの考えを基に人と対話することができるように精進してまいります。

新しい電化製品を導入しました

最近体調不良が続いていたので、自分のQLOをあげるためにアイスクリームメーカーを購入しました。もともとアイスが好きでよく買って食べていたのですが、この前『爽』を食べている時に妻が原材料をみまして、砂糖が多く入っていることを心配してくれました。

www.lotte.co.jp

そこからしばらく考えていろいろ調べた結果、アイスクリームメーカーを購入することに決めました。今は牛乳・生クリーム・きび砂糖をそれぞれ200ml・50ml・おおさじ半分くらいで作成した甘さ控えめアイスを食べるようにしました。身体に対する健康への効果すぐにあらわれないと思いますが、自分でアイスを作成する(分量を決められる)ことにより市販のアイスの甘さ(おいしさ)がよくわかったので、そちらを購入する頻度は減らしていけたらなと思います。

みなさまのアイス状況はどのような感じでしょうか?

病院に行ってきました

鼻水がバブルスライム状態

store.jp.square-enix.com

だったたことと、身体中にじんましんのような症状がでたため病院へ行き診察を受けました。具体的な症状としては

・微熱

・倦怠感

・頭痛

・鼻水が前と後ろから出てきて、緑色

・お辞儀の動作で頭を動かすと、音がする(耳に水が入ったような音)

でして、ドクターに伝えると「副鼻腔炎ですね」と言われました。副鼻腔炎の原因としてはウイルスや細菌で、じんましんは疲れやストレスが該当しそうです。私の場合はここ最近子どもの体調不良が続き、一緒になにかしらのウイルスに感染したっぽいことや、世話で疲れているのではないか、ということでした。家事や育児は妻に頼っている部分が多いので、自分のなかではそこまで無理をしている気持ちではなかったのですが、気づいていないところで無理をしていたのかもしれません。

みなさまも子育てや仕事等に追われているかもしれませんが、ご自身の身体もいたわってください。